NPO法人遺言相続サポートセンター 
■面談場所:東京都西東京市田無町四丁目9番9号(NBC司法書士事務所内)
※必ず事前にご予約下さい。上記のほかに、会員の事務所の所在地もご希望に応じてご案内します。
■問合せ:info@yuigon-souzoku.com(代表)
電話:042-497-4132(司法書士が担当しています)


最終更新日:2017年9月25日

当NPOは弁護士、行政書士、司法書士、税理士、ファイナンシャルプランナーなど 遺言・相続の専門家の集まりです。
遺言書・任意後見制度などの普及啓発活動を行っています(NPO自身が手続業務を行うことはありません)。

◎会員(相談員)の紹介
★ご相談、ご依頼メール
【最近のニュース】
2017年9月5日、解散総会を開きました。設立から14年たち、遺言書がかなり一般に普及したことで、当初の目的は達成したと判断しました。これまで当NPOの活動にご協力いただき、大変ありがとうございました。

★2015年6月、総会で本田桂子が理事に就任しました。

★2013年9月2日:【スマートプラスという団体のサイトで、当法人が勝手に「パートナー企業」として紹介され、リンクを貼られている件について】
当法人は、スマートプラス及びその小池なる人物と何ら関わりがありませんので、十分ご注意ください。


★2012年8月:本田の進学にともない、このホームページの更新が難しくなったこともあり、gooブログ「NPO法人遺言相続サポートセンター」を開設しました。今後はこちらのブログで、相談会の開催などNPOの活動についてお知らせします。ぜひブックマークをお願いいたします。

★2011年6月25日の総会決議により、役員変更が行われました。本田桂子は大学院進学のために理事長を退任し、吉田隆志 が理事長に就任しました。また、社会福祉士の竹本美恵子が理事に就任しました。

★2011年5月2日、電話番号を変更しました。本田が休業のため、原則として司法書士の吉田が電話相談を担当します。

★2011年2月17日、遺言書セミナーを行いました。約80名の参加がありました。詳細は、NPO福祉マンションをつくる会のホームページをご覧ください。

★2010年12月3日サーバーの変更のため、12月2日から3日にかけてホームページが見られない状態でした。その間にメールでご連絡いただいた場合は、受信されていない可能性が高いため、大変恐縮ですが再送いただきますようにお願いします。

「週刊ポスト」(10月22号)、「サンデー毎日」(8月15日号、11月7日号)、朝日新聞(9月20日)終活について、などに取材協力しました。

★2010年8月5日、「週刊女性」8月17日号の袋とじ企画、「『遺言』の正しい書き方」を監修しました。その中で、89ページの遺留分の表の中で、父母のみの場合の遺留分が「2分の1」となっていますが、これは「3分の1」の間違いです。
また、93ページの「遺言書を生前に開封したら無効ですか?」の中で、「封をし直さないと無効です」とあるのは間違いです(いずれも、校正が反映されませんでした)。

「月刊テーミス」8月号、「元気なうちに書く『遺言ノート』の要領」に取材協力しました。

★2010年7月10日、製作に協力した「誰でも簡単につくれる遺言書キット」 (永岡書店/本田桂子著)が発売されました。自筆証書遺言が簡単に作成できるように、専用の遺言書用紙(複写防止機能付)・封筒・台紙・解説書・エンディングノートがセットになっています。

★2010年7月、「PHPほんとうの時代」8月号、「自分と家族のためにエンディングノートを書いてみる」に取材協力しました。

→過去の記事一覧へ

◎相談員のご紹介
★ご相談、ご依頼メール

相談風景
相談風景

エンディングノートのすすめ
「エンディングノートのすすめ」
(講談社新書/本田桂子著)

誰でも簡単につくれる遺言書キット
「誰でも簡単につくれる遺言書キット」
(永岡書店/本田桂子著)

集英社新書
「あなたと家族のためのエンディングノート」
(日本実業出版社/本田桂子著)

書き込み式 定年後ライフプラン手帳
「書き込み式 定年後ライフプラン手帳」
(永岡書店/本田桂子著)

集英社新書
「想いが通じる 遺言書と
生前三点契約書のつくり方」
(日本実業出版社/本田桂子著)

集英社新書
「その死に方は、迷惑です」
(集英社新書/本田桂子著)

★ご相談、ご依頼メール★
■電話・メール相談は2往復まで無料です。3往復目以降は、1回あたり3,150円かかります。
■面談は有料です(1時間5,250円、税込)。出張の場合は、通常の相談料の1.5倍+交通費をいただきます。


ご相談は下のフォームからお送りください。なお、メールでは限定された情報しか得られないため、一般的なご回答しかできませんのでご了承ください。個別具体的なご相談を希望される方は、面談をお申し込みください

もし下のフォームが使えない場合は、必要事項をご記入の上、次のアドレスまでメールをお送りください。 info@yuigon-souzoku.com

お名前
メールアドレス(半角)
電話番号(半角)
お住まいの都道府県名
年齢
ご相談内容
   

【面談でのご相談方法】
@メールまたはお電話で、ご相談内容を簡単にお聞かせください。
A面談の希望日時を2,3お知らせください。折り返し予約日をご連絡しますので、当日、新宿の相談センターにお越しください(要予約)。
B具体的な手続業務をご希望の場合は、NPOの会員の中から最適な専門家をご紹介します。

※ご相談には、原則として行政書士か司法書士がお答えします。ご相談の内容に応じて、他の専門家をご紹介します(相談場所が変更になる場合があります)。


【相談員のご紹介】
(※正会員は五十音順)

吉田 隆志
(理事長)
資格司法書士
得意分野不動産の登記、相続手続、成年後見等
ホームページ西東京相続遺言サポートセンター
メールshiho.tyoshida@dream.com

平岩 寛治
(理事)
資格1級ファイナンシャル・プランニング技能士(CFP)
得意分野 アフター・リタイアメント ライフプラニング、遺言・相続
メールk-hiraiwa@yacht.ocn.ne.jp

竹本美恵子
(理事)
資格行政書士、社会福祉士、AFP
得意分野患者さんのサポート、老人ホームの契約立ち会い、遺言書の作成、相続手続
ホームページ株式会社アドボケア・ウェルフェア行政書士事務所
患者さんのための医事代理人 Patient Advocate Japan
メールadvocare@kni.biglobe.ne.jp

守岡和彦
(監事)
資格税理士、社会福祉士
得意分野相続税・贈与税の相談および申告、成年後見
メールmorioka@office.nifty.jp

岡ア 豊幸
(正会員)
資格AFP、僧侶
得意分野葬儀、お墓の相談
倉本 貴行
(正会員)
資格行政書士、社会保険労務士
得意分野 遺言・相続手続、成年後見・年金のご相談
メールtkuramo@jcom.home.ne.jp>

本博雄
(正会員)
資格社会保険労務士、行政書士、1級ファイナンシャル・プランナー(CFP)、年金コンサルタント、任意後見コンサルタント
得意分野 年金・遺言・相続・任意後見の相談・手続き
ホームページhttp://www.office-takamoto.com/
メールinfo@office-takamoto.com
林 豊
(正会員)
資格弁護士(元裁判官、元公証人)
得意分野公正証書遺言の作成、財産管理等の委任契約書・任意後見契約書・尊厳死宣言書の作成など

本田桂子
(正会員)
資格行政書士、1級ファイナンシャルプランニング技能士(CFP)、社会保険労務士(非開業)
得意分野遺言書の作成・相続手続・財産管理等の委任契約書・任意後見契約書・尊厳死宣言書の作成サポート
著書『想いが通じる 遺言書と生前三点契約書のつくり方』(日本実業出版社)
『定年後ライフプラン手帳』、『誰でも簡単につくれる遺言書キット』、『人生を変えるライフプランノート』(以上三点・永岡書店)
『そのまま書ける!パソコンでも使える! 明日のための「マイ・エンディングノート」』(技術評論社)
『終活ハンドブック』(PHP)
『エンディングノートのすすめ』(講談社)等多数 
講演実績地方自治体(三鷹市、横浜市、松戸市など多数)、病院、保険会社、士業団体、ロータリークラブ、朝日カルチャーセンターなど
近況
★2011年4月:法科大学院に進学し休業したため、理事長を退任しました。
★2012年3月31日:日経ラジオのシニア向け番組でエンディングノートについて解説しました。
★2012年4月26日:経済産業省の「安心と信頼のある『ライフエンディング・ステージ』の創出に向けた普及啓発に関する研究会」の委員を務めました。一般向けの報告書が完成しましたのでご覧ください。遺言書やエンディングノート等のアンケート結果も掲載されています。
★2013年3月:法科大学院(既修者コース)を無事に卒業しました。

★2013年8月29日:『もしものときの「あんしん」持ち出しノート』(技術評論社)を出版しました。地震などの災害時に、持ち出しバッグの中に入れてご利用ください。定期入れやランドセルなどに入れられる「パーソナルカード」と、書式の入ったCD-ROMも付いています。
★2013年9月20日:東京カルチャーセンターの通信講座「老いじたく講座」の監修をしました。ひとりではエンディングノートを書きにくい、という方におすすめです。
★2013年10月21日:「国民生活9月号」(終活特集)「週刊東洋経済10.26号「いま知りたい終活」、臨床雑誌「内科」12月号(特集/最後までよい人生を支えるには〜多死時代の終末期医療)に寄稿しました。
★2013年12月3日:テレビ東京「L4YOUプラス」(15:35〜)終活特集に出演しました。12月24まで毎週火曜日に放映予定です。
★2014年9月26日:『30代、40代夫婦への遺言書のススメ』(マガジンハウス/鈴木おさむさん・大島美幸さんとの共著)を出版しました。仲の良いご夫婦との対談で、まだ若い方にも遺言書が大切だということが伝わればうれしいです。
★2015年9月30日:「東京くらしネット」9月号で、「終活をめぐる最新情報」を執筆しました。また、JAかみつが「日光女性大学」で、「相続増税でうちの相続は大丈夫?〜相続対策の基礎知識〜」というテーマで講演を行いました。
★2016年1月6日:昨年12月、東京都稲城市の公民館で2回の終活セミナーを行いました。また、2015年10月19日〜2016年1月11日まで、朝日新聞のReライフ欄の「なるほどマネー」で「いまからの終活」という連載を行いました。
★2016年9月1日:「日経ヴェリタス」441号と442号で、「みんなで考える終活」という記事を執筆しました。

★2016年10月3日:司法試験に合格しました。個人的な事情のため、司法修習に行くのは来年12月の予定です。一年間の司法修習中は仕事ができませんが、2017年夏頃までに終了する執筆・セミナー・相談・手続きなどの業務は可能です。メールでお問い合わせください。

★2017年3月10日:家族のための民事信託について学ぶために、専門の法律事務所で働き始めました。

★2017年3月19日:3月から4月にかけて、NHK(Eテレ)の『まる得マガジン』で「家族をつなぐエンディングノート」講座の講師を務めます。テキストエンディングノートも発売しています。また、技術評論社から『これで安心!親が70過ぎたら必ず備える40のこと』を発売しました。

★2017年9月10日、『2018〜2018、トクする相続&かしこい贈与』(日本実業出版社のムック)を発売しました。
メールhonda@yuigon-souzoku.com(※迷惑メール対策のため、ピリオドが全角になっています。半角に直してご利用ください)

森山 哲也
(正会員)
資格司法書士、1級ファイナンシャル・プランニング技能士(CFP)
得意分野相続手続、成年後見、不動産登記、商業登記
小形 愼一郎
(賛助会員)
資格税理士
得意分野相続税、贈与税、生前贈与等のご相談

▲トップに戻る


NPO法人 東京都認証番号:16生都管法特第2059号/
Copyright (C) 2005-2011 NPO法人遺言相続サポートセンター All Rights Reserved.
当サイトの記載内容の無断転用を 禁止します