過去のニュース(イベント、マスコミ紹介など)

★2010年5月11日の日経新聞の夕刊、「らいふプラス」の遺言書特集に取材協力しました。

★2010年4月17日発売、「週刊東洋経済」の「後悔しない相続」特集において、「確実に実行できる遺言書を」というタイトルで寄稿しました。

★2010年2月10日発売、「文藝春秋」の「特別企画・家族のために何ができるか〜元気なうちに『遺言書を』」に寄稿しました。なお、見出しに「遺された者たちだけでは葬儀費用もおろせない」とありましたが、葬儀費用について銀行からおろすことは可能です。

★2010年2月、「日経ヴェリタス」(第99号)の「千里の道」(相続について)に取材協力しました。

★2009年12月18日、「週刊朝日」の連載「現代終活事情〜作成は愛情の証し・一億総『遺言書』時代」に理事長のコメントが掲載されました。

★2009年12月3日、「週刊文春」の記事、「賢い相続・親の遺産”争族”を避ける6つの心得」に理事長をはじめ複数のNPO会員のコメントが掲載されました。
※注※ 事前に記事内容を確認できなかったため、一部に誤解を招く表現がありましたので訂正させて頂きます(不動産や株券は処分しなくてもわけられますし、配偶者と子どもが相続人になるときは両親は相続人になりません。また遺言書に愛人のことを記載するとトラブルになる可能性が高いでしょう)。

★2009年11月14日、調布市市民プラザあくろすにて、遺言セミナーを行いました。約30名の参加者がありました。

★2009年10月24日号の「週刊ダイヤモンド」に遺言・相続について理事長のコメントが掲載されました。
※注※理事長の肩書きが編集部のミスで「税理士」になっているようですが、「行政書士」の誤りです。

★2009年9月22日、「週刊SPA!」に遺言書の作成について理事長のコメントが掲載されました。

★6月25日:理事長の死去にともない、副理事長の本田桂子が当面、理事長として職務を行うことになりました。よろしくお願い申し上げます。

★2009年6月12日:かねてより病気療養中でありました理事長 久保田貞男が、6月6日に逝去いたしました(享年79歳)。本日、葬儀が執り行われました。生前に皆様に賜りましたご厚情に、心より御礼申し上げます。

★2009年6月11日、「日刊ゲンダイ」に遺言書の作成について副理事長の本田のコメントが掲載されました。同様に、「週刊サピオ」(6月24日号)、「プレジデント」(2008.9.1号)、「PHPほんとうの時代」(2008年12月号)にもコメントが掲載されています。

★2009年6月2日、精神科医の香山リカさん主催の「ハッピー孤独死マニュアル」というフォーラムで、副理事長の本田が、「その死に方は迷惑です!?〜生前契約のススメ」というテーマで対談しました。

★2009年4月14日、朝日新聞朝刊の生活面に理事長の久保田のコメントが掲載されました。

★2009年3月19日(木)20日(金)に、手元供養協会の「手元供養展in横浜」に当NPOが出展しました。

★2008年12月25日、副理事長の本田の書いた本が出版されました。「想いが通じる 遺言書と生前三点契約書のつくり方」(日本実業出版社/本田桂子著)。公正証書遺言と生前3点契約書(尊厳死宣言書、任意後見契約書、財産管理等の委任契約書)の作り方の具体的な説明です。すぐに使える下書きシート付き。

★2008年11月26日、文京シビックセンターで遺言相続セミナーを行いました(講師は司法書士の吉田と税理士の守岡)。 受講者は38名でした。

★2008年9月11日、朝日新聞の生活面で副理事長が遺言書に関するインタビューに答えました。

★2008年9月6日、横浜市中野ケアプラザで副理事長が遺言書と生前3点契約書についてセミナーを行いました。受講者は約40名でした。

★2008年5月31日(土)、6月1日(日)、東京・多摩の新都市センターホールで手元供養協会のイベントが行われました。通常のお墓や葬儀にとらわれない新しい供養の形が紹介され、盛況でした。当NPOも無料相談ブースを設置しました。

★2007年10月、NPOの活動について神奈川新聞と神戸新聞に取り上げられました。

★2007年8月28日〜30日、手元供養協会のイベントに参加し、遺言相続についてパネルディスカッションを行いました。

★2007年6月15日、遺言・相続に関するセミナーを開催しました。テーマは、「遺言書の書き方と、老後を守る3点契約書」です。ご参加いただいた皆様、お疲れさまでした。

※「3点契約書」とは、尊厳死の宣言書、任意後見契約書、財産管理等の委任契約書のことです。

★2007年6月6日、副理事長の書いた本が出版されました。「大切な人に遺す人生整理帳」(幻冬舎/本田桂子著)。自分史と遺言、介護や葬儀の希望が書き込める、エンディングノートの一種です(遺言書+生前3点セットの下書きシート付き)。

★2007年5月17日、副理事長の書いた本が出版されました。「その死に方は、迷惑です」(集英社新書/本田桂子著)

★2006年11月22日、文京シビックセンターで遺言セミナーを開催しました。 内容は、遺言書の基礎知識と、自筆証書遺言の書き方実習です。参加者の皆様は熱心に講師の話に聞き入っていました。

★2007年2月28日、副理事長の本田が弁護士会館で、若手弁護士を対象に遺言書の作り方について講演しました。

★2006年1月30日、遺言・相続に関するセミナーを開催しました。参加者は約30名でした。ご参加いただいた皆様、お疲れさまでした。

★2006年5月1日、オフィスが移転しました。JR新宿駅西口から徒歩1分と、より便利になりました。

★2006年1月14日の毎日新聞家庭生活欄(記事の画像)で、副理事長が「事実婚と遺言書」について解説しました。


NPO法人 遺言相続サポートセンターのホームページへ

Copyright (C) 2005 NPO法人遺言相続サポートセンター All Rights Reserved.
当サイトの記載内容の無断転用を 禁止します